便利なフリクションペンの注意点と消えた文字を復活させる方法

フリクションボールペン

私は凄く大好きで愛用している『フリクションボールペン』。消せるというよりも書き心地が好きなんですが、例えば提出書類なんかに「消せるボールペンの使用禁止」なんて見たことがないですか?

このフリクションボールペンの弱点とも言える温度で文字が消えちゃうからなんです。

フリクションボールペンを使ったよくある失敗談

この暑い季節にTwitterの投稿なんかでもたまに見かけますが、「手帳に書き込んだ文字が車に手帳を置いていたら消えてしまった。」

そう書類等の署名にフリクションボールペンを使ってはいけない理由は60度以上になると透明になってしまうのです。

これはフリクションボールペンが消せるのが摩擦熱を利用したインクにあるからなんですね。だから郵便物等の宛先を書いていた場合、配達中に文字が消えてまう。なんて事も起こりえるわけです。

消えてしまった文字を復活させる

さぁ先ほどの手帳の文字が消えてしまったという方は文字がもう読めないのか?という事なんですが、実は消えてしまった文字を復活させる方法があります。

フリクションボールペンのインクのもう一つの特徴に-10度以下で色が戻り始め-20度で完全に色が戻るという性質。実際に家の冷凍庫にメモを入れて放置しておくと確かに文字は戻ってきました。

ただ家庭用の冷蔵庫なので完全に戻るまでには至りませんでしたが、なんとか読める程度には戻すことが出来ます。

まとめ

実際に私の息子が夏休みの自由研究でフリクションボールペンの性質を実験してましたが、炎天下の車の中はメモを置いた瞬間文字が消えたそうです。逆に文字を戻すには時間がかかるということなので、重要な文章の場合はやはり使わないというのが鉄則ですね。

じゃぁ逆に使うべき時っていつなんだろう?秘密の手紙かな(笑)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。