Flickのような発想のキーボード『OrbiTouch』

SPONSORED LINK

Orbitouch

OrbiTouchは文字キーのない新しいコンセプトのキーボード。これだけでキー入力からマウス操作も可能になっています。

スマホのFlick入力のような発想で文字を打っていく感覚が何だか面白そうななのです。

OrbiTouchは入力したいアルファベットの方向に右側のハンドルをスライドさせます。この時に左側ハンドルで選んでいる色との組み合わせで文字が打てるという事ですね。

実際一般の人にとっては必要のないキーボードかもしれませんが、怪我などで手の不自由な方がPCでの楽しみや仕事を諦めなくても良くなりますね。

もっと精度が上がれば音声からの文字入力が仕事のシーンでもメインで用いられる時が来るのでしょうけど、それまではこういったバリアフリー的なキーボードの発想は素晴らしいと思います。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。