取り付け場所が選べる車載ホルダー『OMAKER 3in1セット車載ホルダー』

SPONSORED LINK

Omaker 車載ホルダー

iPhoneもMapアプリのナビ機能や動画をかけたりと車内での活用に便利なことが多いですよね。そこで車載ホルダーが凄く便利なわけですが、購入時の取り付けイメージと実際とでは勝手が違ってたり、取り付け場所を変更したくなることもあると思います。

そこで今回はあらゆる取り付け方法に対応した『OMAKER 3in1セット車載ホルダー』をレビューしてみます。

OMAKER 3in1セット車載ホルダー 内容品と取り付け方法

車載ホルダー アタッチメント

内容品を見てみるとiPhoneを取り付ける本体部分と車側に取り付ける3つのアタッチメントが入っています。では早速取り付けイメージをまとめてみます。

エアコン送風口に取り付ける場合

エアコン部に取り付け

一番小さなアタッチメントをつければエアコンの送風口に取り付けることが出来ます。すごく便利な半面やはりエアコンをよく使う夏場と冬場にはちょっと怖いですよね。

ただ助手席の方からの操作もしやすく取り付け場所としては凄くいいので季節限定でいいかもしれません。

フロントガラス部に取り付ける場合

フロントガラスに取り付ける。

フロントガラスに取り付ける場合はアームの長いアタッチメントを取り付けます。このアーム部が結構硬くてしっかりと位置固定が出来るようになっています。

私の思う取り付け場所としては、フロントガラスの上部に取り付けて後部座席の子どもたちが移動で飽きないように動画を流したりするのによさそう。

手元での操作よりもそういう使い方がいいんじゃないかな。

ダッシュボードに取り付ける場合

ダッシュボードに取り付け

ダッシュボードに取り付ける時はアームの短いアタッチメントを使います。用途は勿論ナビですね。またSiriを使って様々な事が出来るようになっていますので便利ですよね。

また背面カメラが使えるのでハイパーラプスでドライブ状況を撮影したり、ドライブレコーダーのような使い方も出来ますね。

充電しながら使える

充電しながら使える

以前紹介したシガーソケットを利用したUSBカーチャージャーと併用も可能になっています。充電しつつなので動画を流したり長距離のナビでも現地についてからもiPhoneが活用できます。

車内でiPhoneを急速充電『Omaker USBカーチャージャー』車内でiPhoneを急速充電『Omaker USBカーチャージャー』

りんご人過去記事

まとめ

1つの取り付け場所に対応した商品だとやはり1つの楽しみ方しか出いません。この3in1セット車載ホルダーなら様々なシーン・用途をケアしてくれますね。

そして高いのかと言えば1500円もしませんから、どうせ車載ホルダー買うならこういった商品のほうがあとから「取り付け場所はこっちのほうが良かったのに」なんてことにならないと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。