近未来を感じさせるキーボード達と今後を大胆予想

SPONSORED LINK

Keyboard 2015

なんだこれ?って感じですよね。キーボードにも様々なタイプのものがありますが、これからは大きく変わってくるかもしれないと可能性を感じさせてくれるものも出てきています。

最近話題になった2つの近未来を感じさせるキーボードとその後どうなるのか予想してみました。


KeyMouse

KeyMouse

キーボードとマウスが合体した。面白いキーボードが登場しています。より手にフィットする形で持ち帰ることなくマウス操作から文字入力を可能にしたデザイン。

両手を話した状態で操作できるので体勢的にも楽なんじゃないかな。また矢印キーを優先したものとテンキーを配置したものの2種類が用意される予定のようです。

KIKSTARTER:KeyMouseKIKSTARTER:KeyMouse

Touch Keyboard

Touch Keyboard

透明ガラスに発行するキーボードは綺麗ですね。ただキーを押す感覚がないのって慣れるまではやりにくいような気がします。でもiPadなんかをよく使っている方なら結構使えるかもしれませんね。

Ultra Slim Touch KeyboardUltra Slim Touch Keyboard
メーカー:Bastron

まとめ 今後のキーボード予想

キーボードも今後ドンドン進化していきそうな感じがしますが、最終的には映画『アイアンマン』や『マイノリティリポート』等ででた空間に投影された物を操作する時代って来るかもしれませんね。ただその前にタッチパネル式のキーボードが身近になるかもしれません。

現在のタブレットもそうですが既に環境は整っている状況ですし、あとはiPad+Macアプリケーションで操作によってキーボードがiPad上に表示されたり画面をなぞってレタッチが出来たり、カーソル移動が出来ればいいんで、やる気があれば実現はそう遠くないと思います。

iPadをMacのキーボード+トラックパッドの代わりに使う時が来るかもしれませんね。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。