自動車業界もiOS VS Android勃発!Android搭載自動車開発

SPONSORED LINK

Android car

スマートフォン・タブレット市場といえばiOSとAndroidが現在の2強というのは皆さんご存知のとおりだと思います。そしてこの2つのOSは自動業界でも争うことになりそうです。

ついにGoogleがAndroid搭載自動車開発に向けて本格的に動き始めたようです。


自動車産業をターゲットとした動きの目立つGoogleが、自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)・アウディ・本田技研工業(ホンダ)・ヒュンダイ、そして半導体メーカーのNVIDIAと提携し「Open Automotive Alliance」という新しい団体を設立しました。Open Automotive Allianceは、GoogleのAndroidと自動車を統合し、より安全な自動車ライフを提供することを目的としています。

以前りんご人でも紹介しました2014年は『iOS in the Car』が続々と搭載される!?でも書いたようにHONDAの新型CivicにはiOS in the Carが搭載される予定のようです。

HONDAは今回のGoogleとも提携したことから、独占的な提携を各社結ぶつもりはなくて複数のモデルを出してくるのかもしれませんし、そもそもAndroid搭載自動車は以前よりGoogleが開発している自動運転の車なのかもしれません。

ナビ機能などはやはりMapにおけるGoogleには一日の長があると思います。また個別カスタマイズ性に優れたOSといえばAndroidなのでAppleは苦戦するかもしれないですね。

人気OSが今後どのように自動車業界に関わってくるのか気になりますね。

[参考:GIGAZINEOpen Automotive Alliance]

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。