睡眠ログ管理アプリを統計が面白いSleep Betterに変更!

SPONSORED LINK

Sleep Better

運動・ダイエットのサポートサービス・アプリでしられるRuntasticがリリースしている睡眠管理アプリ『Sleep Better』に変更しました。というのも健康管理をRuntasiticで一元化しようと思っているからです。

では使い方や結果等についてまとめていきます。

Sleep Better 使い方

実は私自身もついさっきまで使い方がわかっていなかったんですが(笑) ようやく理解できたので記事にしてみますと

就寝前

就寝前に『Sleep Better』を起動しスタートを押すだけで起きたい時間にアラームを鳴らしてくれる他睡眠のログが取れます。

実はここでその日あった就寝前の状況

  • ワークアウト
  • ストレス
  • 違うベッド
  • 夜食
  • カフェイン
  • アルコール

これらにチェックを入れておくことで睡眠の状態の変化などをしることも出来るんですね。有料版にアップグレードして初めて気づきました。

そして起きたらその時の気分をチェックして操作自体は完了です。

統計をチェック

統計画面

睡眠ログ画面、統計画面で自分の睡眠の状態を知ることが出来ます。因みに統計画面の『平均就寝時間』は有料版でないと見ることが出来ませんでした。

また睡眠の状態も有料版で3つ(無料版では月齢のみ)知ることが出来ます。

睡眠状態

妙にあっさりしているのは使い方がわかっていなかったからです(笑) 就寝前の状態をちゃんとチェックしていれば真ん中の画像の部分に表示されます。また起きた時の気分もちゃんと入れていれば右端の画像部分も統計がとれます。

統計画像

こんな表示ですね。使い方がわかった今後はちゃんとチェックしていきたいと思います。

まとめ 理想の睡眠

先日癌のリスクなんかをTV番組で見ていると理想の睡眠時間は7時間なのだそうです。極端に睡眠時間が短いと非常に高まるようで最近は睡眠を出来るだけちゃんと取るように意識し始めました。

ただ寝るだけは疲れが取れてなかったりしますよね。

そこでこういったアプリで睡眠の質も高めていこう。朝気分よく起きてスッキリしようというわけですね。

疲れが取れないぞ!なんて方はこういったアプリで自分の睡眠を管理してみてはいかがでしょうか。自分のダメな部分に気づくかもしれませんよ。

Runtastic Sleep Better 目覚ましサウンド付き睡眠記録&快眠支援アプリ
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。