iPhoneで心拍数を測って効率のよい運動を『Heart Rate』

SPONSORED LINK

Heart Rate

iPhoneで簡単に心拍数が測れるアプリ『Heart Rate』を使ってみました。簡単に直ぐ測れるので面倒さもないですね。

では心拍数を測る意味やHartRateの使い方等をまとめていきます。


心拍数を測る意味

何故心拍数を測るのかという事なんですが良い記事を見つけました。

ウォーミングアップの段階では(ジョギングの場合)、110拍/分を目安に12~15分間。それから徐々に心拍数を上げていきます。主運動中の最大心拍数の目標は、年齢、体力などにより異なります。これについて、スポーツ医学の権威・マフェトン博士は、「180公式」を提唱しています。普通に健康な生活を送っている人の場合は「最大心拍数の目標=180―年齢」、つまり40歳なら140拍/分、60歳では120拍/分ということになります。しばらく体調が悪い時はこれから5拍をマイナスし、逆に体調が良い時は5拍プラスします。この心拍数を維持しながら走ると効果的なトレーニングができるというわけです。
参考元:RUNNET

勿論健康的な意味合いもありますが、どうせ時間を割いてトレーニングを行うなら出来るだけ効果的に行いたいですよね。そういった意味で心拍数を絡めて考えるといいようです。

Heart Rateの使い方

まず最初にアカウントの設定から始まります。FacebookでもいいですしRuntasticにメールアドレスを使ってで会員登録してもいいです。(無料)

私はRuntasticに登録しているのでアカウントにログインをして始めました。

計測画面

説明文では「カメラのレンズとフラッシュに指を当てる」と書かれていますが、私がiPhone6 Plusで試した結果カメラにのみ指を当てた時に反応しました。

計測が始まるとサークルの部分に色がついていくのでそこを覚えておくといいでしょう。

計測結果

計測が終わると結果を表示してくれます。2回試してみましたがログとしても管理ができるので通常の平均値を知っておけば体調管理にも役だちますね。

まとめ

ランニング・ウオーキングから様々な筋トレまでをサポートするruntasticならではといったアプリでしょうか。仕事が忙しくなるとサボりがちにどうしてもなってしまいますが長いスパンでゆっくりダイエットしていこうと思ってます。

またRunstasticは有料会員になると様々なトレーニングサポートが受けられます。緊急を要する場合にはいいかもしれませんね。

Runtastic Heart Rate PRO 心拍計
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: ¥200(記事公開時)

APP STORE

参考:Runtastic

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。