WordPressのページの種類によってウィジェットの表示・非表示が可能になるプラグイン『Widget Logic』

SPONSORED LINK

Widgetlogic

WordPressプラグイン『Widget Logic』はトップページ・記事ページ・アーカイブページによってウィジェットの表示・非表示が設定できる便利なプラグインです。

テーマを購入した場合の管理方法としてはウィジェット利用が重要だと思っている私は導入し活用しています。ではこのWPプラグイン『Widget Logic』の使いドコロや使用方法を書いてみます。


Widget Logicを使うとこうなる

りんご人ではDigiPressのテーマを使用しているわけですが(過去記事:りんご人のテーマを変更しました『テーマ:ESCENA』)、DigiPressの特徴として豊富なエリアわけで様々な管理が出来るようになっています。

今回私はZENBACKを導入した際にメインコンテンツ下部にZENBACKのコードをウィジェットとして書き込みました。

WP ウィジェット

しかしここで問題があって、そのままZENBACKのコードをプラグインで利用すると記事ページだけでなくTOPPAGEにもアーカイブページにもZENBACKが表示されます。これを回避するためにWidget Logicが便利なんです。

Widget Logic適用後

両方メインコンテンツ下部なのですがTOPPAGEはZENBACKが表示されていません。記事ページは表示されています。

Widget Logicの使いドコロ

ZENBACKのコードなんか実際テーマ編集から「single.php」に書き込めばいいじゃないってご意見はあると思います。ごもっともなご意見なんですが、購入テンプレート(特にDigiPressのテーマ)は売りっぱなしでなく更に最適化のためにアップデートされます。

アップデートされるということは、テーマの編集から書き込んだ内容は消えるわけでその都度修正が必要になるわけです。

これって無駄な時間だと思いませんか?

自作テーマの方でもテーマを書き換えるより『Widget Logic』で表示の有無を決めてやるほうが楽なケースも多いと思います。

Widget Logicはお知らせやソーシャルそして広告の管理も凄く楽にしてくれます。

Widget Logicの使い方

WordPressのプラグイン新規追加からWidget Logicと検索してインストールします。有効化後はウィジェット内の表示が変わります。

Widgetlogic 使い方

こちらは先程のZENBACKを配置する際のウィジェットなんですが、Widget Logicという項目が増えているのがわかると思います。何も書かなければ通常の全てに適用です。私はis_single()と書き込んで記事ページだけで表示という設定を行いました。

これはWPの条件分岐タグを用いているわけです。例えばカテゴリーページだけの場合は「is_category() 」になります。

WP Codex日本語版WP Codex日本語版
条件分岐タグはこちらで調べることが出来ます。

これでメインコンテンツ上下、サイドバー、フッターに配置したウィジェットの表示の有無を簡単に設定が可能になり、より見せたい情報をユーザーに提供できるようになるわけです。

まとめ とにかく便利!

まぁとにかく便利っす!

特に記事ページの下部には様々な情報を並べたいとか、TOPページの下部には自慢の記事を表示させたいなんてありますよね。このプラグインを使えばいとも簡単にウィジェットで設定出来るというのは弄りがいがあるのではないでしょうか。

ブロガーの方は是非導入してみてください!

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。