ブロガーの私が行っているWordPressの定期的なバックアップ方法

SPONSORED LINK

WordPress バックアップ

人気のCMSと言えばWordPressですが、利用者が多いということはそれだけ不正なアクセスによるサイトの改ざん等の危険にもさらされやすくなるわけですし、利用しているサーバーのトラブルが起こらないとも限りません。

そこでブロガーの私が定期的に行っているもしもの為のバックアップ方法について書いておきます。


バックアップするデータ

WordPressを利用したブログやサイトの場合は2種類のデータのバックアップが必要になります。

  1. ファイルのバックアップ
  2. データベースのバックアップ

ファイルというのはサーバーにアップしているWordPressのプログラムやテーマ・プラグインそして画像データにあたります。データベースはブログの記事データやカテゴリー・タグ等があたります。

これらをプラグインのみでバックアップする方法もあるのですが、ファイルのバックアップがどうもエラーが出て上手くいかなかったので、ファイルは手動・データベースは自動でバックアップを取ることにしました。

データベースの自動バックアップ

データベースのバックアップは以前記事に書きました『wp-DBManager』を使って定期的にバックアップしています。

WordPressを定期的に自動でバックアップを取るために『WP DBManager』を導入しましたWordPressを定期的に自動でバックアップを取るために『WP DBManager』を導入しました
データベースの定期的なバックアップにプラグイン『WP DBManager』を使ったやり方を書いています。

バックアップ頻度を設定しメールでの受け取り設定をしておくとsqlデータがメールで送られていきます。

WP DBManager sql添付メール

勿論サーバー内にもバックアップファイルは保存されます。

ファイルの手動バックアップ

私が手動でバックアップをとっているファイルデータは下記3つのフォルダです。

  • uploads
  • plugins
  • themes

FTPアプリを使ってサーバーを開きwp-content内の3つをフォルダごとバックアップ取ればOKです。

私が利用しているFTPアプリ

Transmit
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥3,400(記事公開時)

APP STORE

ただブログの運営がながくなるとバックアップに時間がかかるので注意が必要です。

+αの自動バックアップ

上記の2つを定期的に行っていればデータに不具合が起きてもバックアップを取った時点に復旧は可能です。ただ毎日バックアップを取るのも面倒なので私は+αでブログ記事のバックアップをとっています。

無料になったONENOTEにIFTTTを使ってブログ記事等を自動でストックするレシピ無料になったONENOTEにIFTTTを使ってブログ記事等を自動でストックするレシピ
記事はOneNoteですが、同様の手順でEvernoteにバックアップを取ることも可能です。

IFTTTを使って更新時に自動でEVERNOTEやONENOTEに記事をアップすることが出来ます。テキストデータ+画像でのアップですが、復旧しきれなかった場合にあれば再度アップすることが出来ますよね。

まとめ

バックアップは本当に必要なのか?と言われると必要なければそれに越したことはないです。ただもしも時に復旧不可能というのは悲しすぎますよね。

それにもしもの時って結構頻繁に起きてるんです。

ファーストサーバーのデータ消失やロリポップの不正な改ざんは記憶に新しくいつ自分が利用しているサーバーに起こるかもしれません。

要は保険なので、少しの時間を割いてバックアップを取る習慣をつければ安心が買えるというわけです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。