WordPressプラグイン『PS Auto Sitemap』を使ってユーザー用サイトマップの追加

SPONSORED LINK

PS Auto Sitemap

今更ですがWordPressのプラグイン『PS Auto Sitemap』を使ってHTMLサイトマップを作成しました。サイトマップにはHTMLのサイトマップとXMLのサイトマップがあるわけなんですが、HTMLはユーザビリティの向上とSEOにも多少は効果があるようです。


PS Auto Sitemapを使ったサイトマップ設置方法

ものの5分もあれば簡単にサイトマップが設置できるので、まだの方は是非導入してみましょう。では早速導入方法を紹介してみます。

1.プラグインのインストール

管理画面の『プラグイン』⇒『新規追加』で『PS Auto Sitemap』と検索します。

Ps auto sitemap 追加

いますぐインストールをクリックしインストール後有効化します。

2.固定ページの作成

HTMLサイトマップを表示させる固定ページを作成します。

Ps auto sitemap 固定ページ

私はページタイトルを『サイトマップ』でパーマリンクを『sitemap』に変更しています。本文にはテキストモードでサイトマップを表示させるコードをコピペすればOK

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

またサイトマップの表示や画像を入れたい場合はここで設定しておきましょう。

3.プラグインの設定

Ps auto sitemap プラグイン設定1

この固定ページ内のアドレス『post=○○○』の数字部分を覚えておきます。

『設定』⇒『PS Auto Sitemap』を開き『サイトマップを表示する記事』に先ほどの数字を入力します

Ps auto sitemap プラグイン設定2

変更を保存すればあとは表示の確認だけです。

4.サイトマップ表示チェック

Ps auto sitemap 表示チェック

サイトマップのアドレスを入力し表示を確認。リンクがカテゴリー別で表示されていればOKです。

デザイン等を変更している場合は合わせてチェックしましょう。

5.メニューに追加

Ps auto sitemap メニュー追加

私はフッターメニューに追加しましたが、『外観』⇒『メニュー』で今回作成したサイトマップを追加して完了です。

まとめ 導入は簡単!ならやっておこう

導入はもの凄く簡単だということがわかると思います。

クローラー用のxmlサイトマップだけでなくこのHTMLサイトマップもクローラビリティ向上に役立つといわれています。効果の程は大きな期待は出来ませんがやっておいて損はないので是非この機会に5分使ってやっちゃいましょう。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。