WordPressにログインしないMarsEditだけで出来る使い方&プラグイン

SPONSORED LINK

Marsedit カスタマイズ

MarsEditはWordPress等のブログを更新するのに非常に優れたMac用のエディターなんですが、何もしないで使っていると記事を送った後管理画面にログインしていろいろと設定をする必要が出てきます。

そこでMarsEditの設定やプラグインを使うことでWPにログインすることなくブログ公開出来る方法をまとめてみます。


アップロード⇒公開に設定

デフォルトでOKだったような気がしますが一応チェックしてみましょう。

EditSetting

ブログ名で右クリック⇒EditSettingをクリック

各種設定画面

Post Statusで『Published』になっているかチェック

これで記事を書いてWordPressにアップロード後自動で公開されるようになります。

メタデータを入力

プラグイン「All in one SEO」を利用しているユーザーのみですが、MarsEditでメタ情報を入力しておくことが出来るプラグインがあります。設定方法やプラグインについては過去に記事にしています。

MarsEditをさらに快適にするためのプラグイン『All in One SEO for MarsEdit』を導入したMarsEditをさらに快適にするためのプラグイン『All in One SEO for MarsEdit』を導入した
前もってメタデータを入力してアップできます。

アイキャッチを自動で選択

次に困るのがアイキャッチ画像。こちらも『Auto Post Thumbnail』というプラグインを追加すれば投稿記事に使った画像の一番最初のものをアイキャッチとして自動で設定することが可能になります。

MarsEdit利用者必見!アイキャッチを自動で設定するプラグイン『Auto Post Thumbnail』MarsEdit利用者必見!アイキャッチを自動で設定するプラグイン『Auto Post Thumbnail』
わざわざログインして設定する煩わしさから開放されます。

プレビューをブログのCSSを使ってカスタマイズ

投稿前に気になるのが書いた記事がちゃんと思ったとおりにブログに反映されているか。そうデザイン的な部分ですね。

私は現時点では行っていませんが複数ブログを運営する方でもブログ毎にCSSを設定できるようになっています。

プレビューの『Edit Template』の部分でhead内にブログのCSSを入れるだけなんですが、詳しくはこちらが参考になります。

MarsEditのプレビュー表示をカスタマイズする方法MarsEditのプレビュー表示をカスタマイズする方法
サイトフレームワークノート

これでブラウザチェックの必要もなくなりますね。

まとめ

上記に書いた4つの設定でブラウザでWP管理画面を開く必要はなくなります。折角の高機能エディタなので使いやすく時短出来るようにカスタマイズはしておきたいところです。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥4,000(記事公開時)

APP STORE

ただし、プラグインのアップデート等もあるので定期的にログインしてチェックする必要はありますよ!

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。