BrowseShotを使ってWebページを丸ごと画像保存してみる

BrowseShot

Webページを見ていてこのページ丸ごと保存したいなと思ったことはないですか?Webの内容を保存する方法は多くのサービスがありますが、レイアウトそのままで丸ごとスクショを撮る方法としてMacAppの『BrowseShot』を使ってみたので紹介します。

BrowseShotの使い方

Browseshot画面

アプリをインストールして起動させるとこのようなブラウザのような画面が起動します。上部にスクショを撮りたいページのURLを入力します。

今回はこのブログりんご人のトップページを表示させてみました。

サイト表示

このようにSafariやChromeで表示した時と変わらない表示であるのが分かると思います。こういったWebページは見えてない部分が下に続いています。スクロールさせないと通常ではスクショが撮れませんが、このアプリを使うと1枚で全体のスクショが撮れるんです。

保存形式

上部右端のカメラアイコンをクリックすると保存先とファイル名を変更することが出来ます。変更したら『Save』をクリックするだけでOKです。

スクショ

Webページによって読み込みによって抜ける部分もあるのかもしれませんが、このように縦長の1枚で全体が入ります。記事ページなんかは普通にレイアウトが崩れること無く保存できていました。

まとめ

こういったスクショはレイアウトを変更したり参考にする場合に非常に役だちますね。一部のバナーを作り変えた時にどのように見えるのかまずチェックするのにも使えます。

Web制作をするデザイナーだけでなく、個人でブログを運営している方にもなかなか重宝するアプリではないでしょうか。

BrowseShot
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。