AppleWatchは車の操作も可能になる?

SPONSORED LINK

Applewatch 車の操作

Apple Watchを使ってCarplayの操作というものではなくアプリのお話。テスラモーターズ非公式ながら開発しちゃったというアプリが公開されたようです。

Apple Watchのタッチスクリーン操作のみで、ドアロックやサンルーフの開閉、室温を確認してエアコン調節、現在位置情報のリアルタイムナビ表示、クラクションを鳴らすなどなど、Apple Watchに表示される渋いユーザーインターフェース(UI)を眺めつつ、自由自在に自動車の遠隔操作を実現できてしまうのは圧巻です! モデルSの航続距離や充電状態なども一目瞭然ですしね。
参考元:GIZMODE

なんだか凄い!でも運転しながらこの小さな画面をさわるよりもそのまま操作するほうが安全ではないのか?と言うことは後部座席の方が利用する。もしくは車から出ている状態でエンジンを掛けて換気したりエアコンで車内温度の調整ができるという感じでしょうか。

後者であればすごく便利ですよね。

実際操作性は置いて考えるとあらゆるリモコンとしてiPhoneよりも身につけるApple Watchの方が便利になるのではないかと思います。自宅の設定温度などもWi-fiを通じて外出先からコントロール出来たら捗りますよね。

AppleWatchの1つの活用の形が何だか見えてきたような気がします。ただ数年先のモデルになるんでしょうね(笑)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。