Haswell Refresh搭載MacBook Pro Retinaリリース

SPONSORED LINK

MacBookPro Retina アップデート

先日MacBookProのRetinaモデルがHaswell Refreshに載せ替えられてアップデートしリリースされました。お値段は15インチのハイエンドモデルのみ安くなりその他は据え置きなんですが、実は結構お得だったりします。

MacBookPro 13インチ Retinaモデル

13インチ Retinaモデル

因みにRetinaじゃないほうの13インチMacBookProは今のところアップデートなしということで、MacBookProシリーズは今後全てRetinaになっちゃうのかな?

注目すべきは標準でメモリ上限の8GBになっているということです。

MacBookPro 15インチ Retinaモデル

15インチ Retinaモデル

こちらも15インチのメモリ上限16GBで統一されています。

13インチ・15インチ共に価格の変更はないものの(15インチハイエンドモデルのみ変更)、メモリが上限を積んでの価格変更なしなのでお得ですね。

かなりポチってしまいそうになったのですが、今回のはHaswell Refreshに変更になった程度のマイナーアップデートだとするとやはり更なるメジャーアップデートは来るだろうって事で様子見します。

それまで無事今のMBAがもってくれるといいんですがw

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。