Mapアプリ 日本国内6都市を3D Flyover対応

SPONSORED LINK

3D Flyover対応

Mapアプリの3D表示機能で日本の6都市が新たに追加れました。追加された都市の紹介と気なるあの世界遺産を見てみました。

追加された6都市

大阪3DMap

大阪駅周辺を見てみるとこんな感じ!今回3D Flyover機能に対応した日本の6都市は

  • 大阪
  • 京都
  • 名古屋
  • 広島
  • 岡山
  • 仙台

他にも世界的に合わせて15都市が追加されています。

気になる世界遺産は?

厳島神社

今回追加された中での世界遺産はやはり『厳島神社』の海の中の鳥居でしょう!って言うか広島ってだけで甘日市にある宮島も対応しているのかが心配だったのですが、なんとなく3D対応はされているようですね。

原爆ドーム周辺の方がビルが多くわかりやすかったです。

まとめ

3Dだから道案内が捗るという事では勿論ありませんが、これから向かう周辺をチェックする際に楽しいですよね。自宅にいながら世界中を見て回る。GoogleEarthが出た時・ストリートビューが出た時とわくわく感がありましたが、AppleMapの進化に今後も期待したいです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。