iMessageとFaceTimeにも2段階認証が導入される

SPONSORED LINK

iMessage 2段階認証

iCloudの2段階認証を有効にしているユーザーを対象にiMessageとFaceTimeに認証を求めるように変更されているようです。


Apple IDの2段階認証

まずiPhone等の端末に認証を設定していない方は設定しておくことをおすすめします。これは乗っとり被害等を抑えるのに役だちます。

Apple IDに2段階認証を設定する手順Apple IDに2段階認証を設定する手順
設定方法はコチラ

クラウドサービスは便利ですがセキュリティリスクは年々高まってきていますね。いつ何時情報漏洩が起こるとも限りませんが何もしないよりは全然いいと思います。

もう一つはパスワードを様々なサービスで使いまわすのはやめましょうね。

iMessageとFaceTimeの2段階認証

そして今回iMessageとFacetimeにも2段階認証が求められるようになったようです。新しい端末に自分のIDを入力する際に出るのかな?

これまでの4桁のPINコードの入力を求められる他に『App用のパスワード』の入力が求められるようになっているようです。勿論現在使っている端末では求められませんが新しい端末で利用する際には求められるようになりますね。

これも第三者が不正に違う端末を利用してサインインするのを防ぐためです。

まとめ

クラウドや会員登録等同じパスワードを使いまわしている方は早めに違うパスワードでの管理が必要です。一箇所で漏洩すると芋づる式にやられますからね。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥5,000(記事公開時)

APP STORE

またパスワードが漏洩した場合でも乗っ取りを防ぐのが2段階認証ですから、出来る限り設定しておくようにしましょう。

参考:iPhone Mania

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。