iCloudのパスワード漏洩対策に2段階認証は設定しておこう

SPONSORED LINK

Ios pass security

先日iCloudのパスワードが漏洩したのではないかという記事をみかけました。iCloudといえば個人情報の宝庫でもありますから2段階認証導入をおすすめします。

iCloud 4000万件の漏洩

先日見かけた記事の中で

Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」のパスワード4,000万件分が漏えいした可能性が浮上しました。このパスワードを悪用して身代金を要求されるケースも報告されています。
参考元:iPhone Mania

遠隔操作で端末がロックされるなんて怖いですね。iPhoneを人質に身代金なんて凄い世の中になったものです。ただこのiPhone人質問題、確かに無くては不便という生活習慣が身についてますし昔のように人の電話番号を覚えることもなくなりました。

今後こういった犯罪に巻き込まれないためにも2段階認証の導入は必須になってきます。

2段階認証に関して

最近ではAppleだけでなくGoogle・Dropbox・EVERNOTEといったクラウドサービスには2段階認証と言ってログインの為のID/PASSの他にワンタイムパスワードのようなコードを発行して認証する方法があります。

面倒だからと導入していないともしもの時に泣きを見る結果になっちゃいますね。

Appleの2段階認証の設定手順は過去に記事にしているのでチェックしてみてください。

Apple IDに2段階認証を設定する手順Apple IDに2段階認証を設定する手順

参考:りんご人過去記事

まとめ

パスワードの漏洩なんて最早聞き飽きるくらい起こってます。ここは大きな企業だし大丈夫なんて保証も全く無いですし、サービスが元で漏洩したのか、それとも自分が悪質メールで騙されたのか。

あるいはパスワードを使い回ししていたが為に芋づる式にやられたのか、原因も山程ありますね。

パスワードは使いまわさないなんてのは当たり前。2段階認証が導入できるサービスは全て導入しておくことをおすすめします。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。