ApplePayの利用方法と日本導入前に知っておきたい安全性

SPONSORED LINK

ApplePay

日本では導入がまだですが、米国では取り扱い店舗にステッカーが配られるなど今後のApplePayの普及を予感させますね。そもそも米国は日本と違って現金よりもカード利用が多いため普及は自然な流れなんですが、日本でもおサイフ携帯の実績がありますし導入後は普及する気がします。

そこでApplePayが日本に導入された時に直ぐに使うためにどうすればいいのか、また安全性はという観点でまとめてみたいと思います。


ApplePay利用方法

利用方法

まずApplePayを利用する際にはクレジットカードをiPhoneに登録する必要があります。iPhone内のPassBookでクレジットカードの情報は管理されるようになり、使用時はその中からカードを選んで店舗でかざして指紋認証するだけ。

従来のクレカを使うよりも簡単に支払いが出来そうですね。

現在はアメリカで各店舗が導入していますが、日本に導入されるとなるとコンビニやGEO・TUTAYAといったレンタルDVD、大手百貨店等に財布を持たずiPhoneだけで行ける時代が来るかもしれません。駐車場・自動販売機にも導入されると物凄く便利になりますね。

ApplePayはスキミング被害の救世主?

現在のクレジットカード利用において特に被害が多いのがスキミング被害

カードをスキマーに接触させることで情報を盗むという方法です。スキマーとはスキミングを行う機械の事ですね。ATMにスキマーが取り付けられていて、ATMを利用すればカード番号や暗証番号を入手することが出来るというものです。

迫りくるクレジットカードスキミングの恐怖!その対策方法とは迫りくるクレジットカードスキミングの恐怖!その対策方法とは
参考元:クレカアカデミー

怖いですね。特に海外での利用は気をつける必要があるわけですが、海外でこそ活躍するクレジットカードなのに本末転倒のような気がしませんか?しかしApplePayが導入されるとこういった心配から開放されるかもしれません。

ApplePayはカード情報を暗号化して保存し支払い時はセキュリティコード(ワンタイム)と端末のアカウント番号だけでクレカ情報を伝えず決済出来る仕組みになっています。

これは非常に安全な設計ではないでしょうか。

ただiPhoneから情報を読み込むといった被害が今後出ないとも限りませんが、現在において海外旅行でクレカで支払うよりも非常に安全で少量の現金とiPhoneだけで旅行が出来ちゃえば最高ですね。

まとめ

日本での導入はまだ先ですが、どのくらい導入が進むんでしょうね。どちらにせよよく見かけるようになるのは東京オリンピックを境になるような気がします。

コンビニなんかは大変便利なんですがコンビニ各社はポイントカード等を採用していますし、ApplePayを導入するメリットはあるものの直ぐに提携するかはどうなんだろうという感じ。ただこういったポイントも合わせて管理できるようなものが出来れば日本でもインフラが進むような気がします。

「いつもニコニコ現金払い」なんて言葉があるくらい日本人は現金主義ですが、便利なクレジットカードをiPhoneで管理・使用が出来るとなるとやっぱ使いたいですよね。

参考:クレカアカデミー

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。