Appleが独自スタイラスペン他iPhoneガジェットの特許を取得

SPONSORED LINK

iPhone

Appleが特許取得ラッシュ!iPhoneの痒いところに手が届くガジェットの特許を取得申請しています。

現在発表されたものは交換可能なiPhoneカメラレンズと独自のスタイラスペン。それぞれの特徴をご紹介します。

交換可能なiPhoneカメラレンズ

交換可能なiPhoneカメラレンズ
[photo:AppleInsider]

iPhoneに取り付けて使うカメラレンズアタッチメントの特許を取得申請したようなのですが、磁石を使ってiPhoneに取り付ける構造のようです。

機能もただのレンズと違って

  • 光学手ブレ補正
  • オートフォーカス
  • ズーム機能

このような機能をレンズと合わせることで使えるようです。この技術で様々なタイプのレンズと組み合わせればいろんな写真が撮影できるようになるかもしれませんね。

望遠・超マクロなどiPhoneでの写真が楽しくなりそうです。

独自のスタイラスペン『iPen』

iPen
[photo:PatentylApple]

iPhoneに対してAndroidタブレットに比べての不満といえば『手書き』ではないでしょうか。良くなってきているとはいえ私は手書きが使いにくいように思います。

そこをAppleもわかっているのか独自でスタイラスペンを開発するようですね。

本特許は、専用のペンとタッチパネルにそれぞれ対応したセンサーをとりつけ、ペンの方向を検出する技術です。角度を検知することで、ユーザーが今何をしたいのか、何をしようとしているのか把握し、機能の使い分けが簡単にできるようになる可能性が指摘されています。

参考;ガジェット速報

実際微妙なタッチの角度までを検出するとなれば、ノートに書くような手書き感も得られるのではないでしょうか。それに合わせてタッチパネルの向上も必要だとは思いますが、今後改善され使いやすくなることに期待したいです。

もっと細い先端のもので書きたいですよね〜

まとめ

今後ますますiPhoneやiPadが使いやすくなるためにこういった関連ガジェットは必要不可欠。さらに進化すればスマホはポケットに入れておけばいろんな事が出来るようになるかもしれません。

技術向上著しいスマホ業界ですが、Apple好きの私も日本企業のこれからの巻き返しに期待したいです。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。